垂石眞子−たるいしまこ− ブログ 日々の泡立ち

2017 年 12 月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
前月 今月 翌月
新着記事
トップ
たるいし まこ文庫

2017年04月07日(金)

松浪小学校に寄贈した本の棚に、絵を描いてほしいと頼まれました。
こんな絵を描きました。

それぞれ好きな格好で本を読んでいる子どもたち。
お行儀なんか関係ない。どこで読んだっていい。
本は楽しく読んでほしいから。

図書室に飾ってあるそうです。

トップ
松浪小学校に絵本を寄贈

2017年02月06日(月)

茅ヶ崎市の松浪小学校に、200冊ほど自作の絵本と児童書を寄贈しました。6日は松浪小学校の60周年記念式典があり、そこで除幕式(!)をさせてもらい、卒業生として子どもたちにお話をしました。母校に行くのはン十年ぶり・・。子どもたちも先生方も喜んでくれて良かった!たくさん本を読んでほしいですね。

トップ
2017年

2017年01月01日(日)

2017年が明けてしまいました!
思い返すと2016年は「いろいろありすぎ」の年でした。
嬉しかったり、がっかりしたり、腹が立ったり、幸せだったり、涙を流したり・・・
今年はどうなるかしら?「いろいろありすぎ」の次は・・・・?
うーん・・・
考えると絵が描けなくなる。頭と手はつながってるはずなのに。

トップ
東北ワークショップ

2013年02月14日(木)

2月8日から3日間「子どもたちへ『あしたの本』プロジェクト」で東北に行ってきました。
盛岡と東松島で、講演、おはなし会、ワークショップ、太鼓の演奏など。
私と小林豊さんがワークショップの担当です。
もう本当にたくさんの子どもたちが来てくれて、絵の具が足りなくなるほど。
子どもたちは1枚では満足しないで、2枚3枚と描いてくれます。
最初はおそるおそる描き始めますが、最後のほうは上着を脱いで、ゴシゴシペタペタ・・・。
心がどんどん開放されて、笑顔がこぼれます。その変化が素晴らしい!
盛岡は雪。道路が凍っているので、転びそう。地元の人も皆ペンギン歩きです。
翌日の東松島は雪もなく、陽射しがポカポカでした。

2013.2.14

トップ
ヤモリン

2011年12月18日(日)

朝、リビングの炬燵にヤモリ!
大きさは小指くらい。かわいいねー
そうっとつまんで、手のひらでさわりまくり。
こないだはソファのクッションの下にいた。
ヤモリだってくつろぎたい、か。
仕事場の壁にへばりついてるヤモリはもっと大きいしこんなに黒くない。
これって子どもなのかしら。コドモヤモリ。
コモドオオトカゲっていたよね。
それとも種類が違うのかなー
ヤモリンと名付けて庭に放す。
でもきっとまた入ってくるよ。

2011.12.18

トップ
福岡の東峰村へ

2011年11月30日(水)

11月に福岡の東峰村へ。
絵本の原画展と、子どもたちにお話をしてきました。
http://toho.main.jp/ehon-gengaten.html
九州なのに、ものすごく寒くてびっくり!


宿泊は廃校になった小学校。
お風呂は五右衛門風呂!


山肌に見えるのは電車。
この先にはめがね橋があります。のんびり~

この美しいグラデーション!

2011.11

トップ
あしたの木

2011年11月01日(火)

被災地の子どもたちと一緒に描いた布絵が、
10月29,30日に「中央区まるごとミュージアム2011」で展示されました。
こうしてみると、思ったより色使いがとても明るい。
子どもたちの元気が伝わってきます。

2011.11.1

トップ
宮城、福島へ

2011年08月11日(木)

7月末に3日間東北に行ってきました。
JBBYが進める「こどもたちへ『あしたの本』プロジェクト」で、子どもたちにワークショップをしてきたのです。
急なお誘いだった(3日前)ので、しっかりした準備もままならず、ワークショップというよりは、大きな布に絵を描いたり貼ったりという形になりました。小学校で、仮設住宅で、保育園でと場所を変えながら、車で移動です。
やはり福島の街は人影が少なく、シャッターが下りた店がたくさんあります。夏休みなのに、歩いてる小中学生に一人も出会いませんでした。建物は壊れず残っているだけに、尚更おそろしく感じました。


まずは、マーカーやクレパスで描きはじめますが、「絵の具もあるよ」と声をかけた途端、ウワッと絵の具に群がる子どもたち。これはどこに行っても同じ。絵の具が好きなのねぇ。にゅるにゅる、ぺたぺた、びちゃびちゃ・・・
大きな木に思い思いの実をならせよう!という呼びかけで始めたのですが、子どもたちはそんなことはおかまいなし(笑)で、傍若無人の芸術家。手も、足の裏も、スカートも、絵の具飛び散ってるよー。



保育園では、うっかり「何を描いてほしい?」と聞いてしまったために、ドラえもんをみんなの前で描くことに・・・。できあがったドラえもんを見せたときのしーんとした空気・・・!絵描きなのに・・・・。そのあと、「こんどはウルトラマン!」の大合唱に冷や汗が・・・


何もなくなった大地が果てしなく続き、でも、夏草が青々と茂っている。小さな希望。

2011.8.11

トップ
ありがとう

2011年06月18日(土)

あきる野の図書館3館で巡回した原画展が6月7日無事終了しました。
会場に置いた募金箱のお金は、学校図書館復興の募金として、
全国学校図書館協議会に振り込まれました。
お小遣いを入れてくれた子もいたようです。ありがとうございました!
作家の末吉暁子さんもこんなにかわいい色紙を書いてくれたんですよ。
それから、五日市図書館への道を教えてくださった「やまねこ亭」の御主人と、
イケメンのお客さん二人、無事たどり着きましたよ!ありがとう。
五日市の山はこれからますます緑が美しくなりますね。

2011.6.18

トップ
スズメバチ

2011年06月02日(木)

タワラグミの木にスズメバチが巣を作ったと、隣人が騒いでる。
まだ、子どもの握り拳程度なのだが、市役所の環境課に連絡した。
「駆除はできません」と、あっさり言われる。
「でも防護服はお貸ししますよ」
ん?自分でやれということか?
で、借りてきた。
重い!10キロはある。
ヘルメがまた重い!頭がグラグラする。前が見えない。
昔、事故で頚椎捻挫をやったこともあって、あとで首が痛くなった。
とりあえず装着して、殺虫剤持ってポーズである。
これ、なんかに似てないか?・・・月面着陸?
思い出した!「ハートロッカー」だ!
よたよた歩いてグミの木に向かう。
この時期、まだ女王蜂一匹なので、素人でもそれほど危険ではない。
巣は落としたが、女王蜂は逃げてしまった。
他の場所で巣作りするかもね。
バラバラになってしまったので、巣の写真はありません。残念!

2011.6.2

- WebCalen -